格安料金を探してお得に旅する!オススメ海外航空券&ホテル予約サイト

海外格安航空券&ホテル予約サイトの紹介

11月半ばに家族でベトナムのダナン(3泊5日)に行ってきます!

1か月強前とかなりギリギリに急遽決定し、急いで予約の手配をしました。

航空券とホテルがセットのフリープラン型ツアーもHIS系で一通りチェックしたけど、たいていホテルが選択不可なんですよね…

やっぱりホテルは自分で選びたいので、航空券・ホテルそれぞれを自分で手配することに。

  • できるだけ安く行くために利用した海外格安航空券・ホテル予約サイト
  • ひと手間加えることで旅行代金の数%がキャッシュバックされる(またはANAマイルが貯まる)方法

をご紹介します!

スポンサーリンク

格安航空券検索&予約サイト

最初は「skyscanner(スカイスキャナー)」で検索

格安航空券の検索と言えば、おそらく多くの方が思い浮かぶのが

の2つなのでは?

実は前回のキューバ&メキシコ旅行予約の際、スカイチケットで嫌な思いをしたんですよね…

「よし!この航空券にしよう!」と思って予約の手順を一通り済ませたと思ったら、「ご希望の航空券が手配できません」というメールが来て…

改めて探して取り直しても、また手配できないと言われて!

それにすっかりうんざりし、結局スカイスキャナーを利用してみたところ、無事手配できたんです。

そんなわけで、あんなにヒヤヒヤするのは嫌だ!!と思い、今回のベトナム・ダナン旅行ではまずスカイスキャナーを使って検索開始したのですが…

skyscanner(スカイスキャナー)

最終的には「skyticket(スカイチケット)」で決まり!

ひとまず今回の旅行の日程候補をいくつか出して検索。

時期ごとの価格帯もおおよそ把握でき、スケジュール的にも金額的にも「ここだ!」と思う日程が決まっていざ予約しようと思ったら…

なぜか今度はスカイスキャナーとの相性が悪い(泣)

少し前までサイトに乗っていた航空券が、ちょっと経つと消えているんですよ…

11月なんて、そんなにみんなが集中して予約を入れるような時期じゃないはずなのに…

そこで、試しにスカイチケットを開いてもう一度検索してみたら…

まだその航空券あるじゃん(笑)!

skyticket(スカイチケット)

もはやどういう仕組みなのかよくわからないけど、こっちとしては安く・乗りたい航空券(なるべく直行便。でなければ乗り継ぎ時間が最短)が予約できればいいわけです。

なので、今回はスカイチケットで無事に航空券を予約することができました♪

(成田⇄ダナン往復で大人が約57,000円、子どもが約42,000円)

今回感じた、海外航空券予約のポイント

スカイチケット・スカイスキャナーどちらかでとにかくまず日程と価格を調べて、乗りたいフライトを絞ってから、もう一方のサイトでも検索して比較する!
(最初から一つに絞ると、損する可能性あり)

格安フライトを探してみる!

格安ホテル検索&予約サイト

まずは「Booking.com(ブッキングドットコム)」でホテル探し

無事航空券が取れたところで、次はホテルの検索&予約です!

ホテルもやはりたくさんサイトがあるけど、私は最初に「Booking.com」で好みのホテルをいくつかピックアップしてみました。

Booking.comは、「予算」「ホテルランク」「朝食付き」「クチコミスコア」など細かい条件を設定して検索できて各ホテルの詳細ページも見やすいんです!

↓は私が予約したホテルではないけど、参考に。

booking.com

次に「trip advisor(トリップアドバイザー)」で一番安い予約サイトをチェック

ただしBooking.comが最安値とは限らないので、ホテルの目星を付けたら「TripAdvisor (トリップアドバイザー)」でそのホテルを検索します。

トリップアドバイザーって口コミを見るだけではなく、一番安い予約サイトの確認もできちゃんですよ!

ここでは、先ほどたまたまスクショで利用したホテルを検索してご説明していきます。

tripadvisor(トリップアドバイザー)

ホテル名、チェックイン・チェックアウトの日程、人数などを入れて検索すると、そのとき一番安く予約できるサイトが一目瞭然なんです!

tripadvisor(トリップアドバイザー)

このホテルはわりと安いので、差が数百円とかしかないけど(笑)

TripAdvisor (トリップアドバイザー)」で最安値を確認してから、そのホテル予約サイトに飛ぶのがオススメです!

ここに表記されている価格はサービス料・税金が含まれていないのでご注意ください!また、実際にそのサイトに飛んでみると、タイムセールでトリップアドバイザーに書かれていたよりさらに安い場合もあります w ちょっと手間だけど、一通り確認するのが一番ですね!

今回は「agoda(アゴダ)」を利用しました!

そんなこんなで、今回初めて「agoda.com」でホテルの予約をしてみました。

正規価格より40%ディスカウントになりましたよ!

agodaのスクショ

ただ冷静になって考えると、前回利用した「Hotels.com」にしたほうが良かったかもしれません…

というのも、Hotels.comは10泊分予約すると1泊無料になる「Hotels.com Rewards」というシステムがあるんです!

すでに4泊分利用したので、今回のベトナム旅行でも利用すれば合計7泊になり、あともう1回どこかに行けば1泊分無料になったんじゃない??

結局そんなに金額変わらなかったしなぁ…

(1泊1部屋24,000円くらいになりました)

今回感じた、海外ホテル予約のポイント

「今だけのタイムセール!」なんて言われると、妙に焦ってしまって冷静さを失います… でも実際はそこまで慌てなくても、翌日だってまだ安かったりするんですよね!

どのホテル予約サイトも、何度も利用することで得られる特典があったりポイントが貯まるので、できたら一つのサイトにまとめたほうがお得だなと思いました!

格安ホテルを探してみる!

①まずはホテルを選ぶ→ 海外ホテル検索、Booking.com

②次に一番安いサイトを確認→ 世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】

航空券もホテルもポイントサイトを経由するとさらにお得!

さて、ここまで様々なサイトをチェックしていると、もうだいぶ情報過多でフラフラだと思いますが(笑)

実は海外航空券もホテルも、最終的に予約する際には「ポイントサイト」を経由することで旅行代金の数%分のポイントが貯まり、それを現金やANAマイルに交換することができるんです!

航空券・ホテルの予約時にポイントサイト「ハピタス」を経由してANAマイルを貯めよう♪にもどんな旅行予約サイトの案件があるかご紹介していますが、大手旅行サイトはほとんどあるんじゃないかな?

しかも事前にポイントサイトに登録しておけば、経由する作業はあっという間に終わるので、利用しないと本当に損!

(前回のキューバ&メキシコ旅行ではこの事実を知らず、もったいないことをした…泣)

今回スカイチケットで航空券を購入するときは、私がメインで利用しているポイントサイト「ハピタス」で案件があるかチェック。

申込み+成約で1%と書いてありました!

【例:航空券の代金が15万円 → 1,500ポイント】

ハピタスのskyticket(スカイチケット)案件

そしてアゴダでホテルの予約をするときも同じく「ハピタス」を経由すると、宿泊完了で3%ポイントバック!

【例:ホテル代金が10万円 → 3,000ポイント】

ハピタスのagoda(アゴダ)案件

※でもやっぱりHotels.comのほうが良かったよ…
5%ポイントバックになってる…(しつこいです 笑)

ハピタスのhotels.com(ホテルズドットコム)案件

このように、直接サイトで申し込まずに「ハピタス」を経由することで、合計約3,500ポイントをゲットできる予定です!(まだ判定中)

何もしなければこれがゼロだったわけだから、ちょっと面倒でもやったほうがいいですね♪

たかだか数パーセントのポイントバックだとしても、旅行代金はわりと大きめの額だし。

話がややこしくなるのでこの記事では省略しますが、ハピタスで貯めたポイントは最終的に約3,150ANAマイルに交換できる予定です。

「どうせなら、航空券やホテルを予約しつつ、ANAマイルも貯めたい!」という方は、ぜひ「ハピタス」に登録してみてくださいね♪

もしANAマイルに交換するのが面倒でも、ハピタスに貯めたポイントはそのまま現金にもできるから、どっちにしても利用しなきゃもったいない!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ハピタスの会員登録をする

まとめ:ちょっと手間だけどやってみよう♪

私自身、航空券とホテルをそれぞれ別に予約するようになったのは、今回のダナン旅行でまだ2回目なんですよね。

それまでは、ツアー会社が提供している「航空券+ホテルのみのフリープラン」を探して予約していたので…

正直、慣れるまではツアーを探したほうが楽かもしれないけど、自分で航空券とホテルを探したほうが融通がきくし、好きな時間やホテルが選べるので好きです♪

これもやっていくうちにどんどん慣れて、もっと効率がよくてお得な方法が発見できそう!

ドキドキ・ワクワクしながら、お得に旅しましょう♪

個人的には、貯めたANAマイルで特典航空券をゲットして、来年には飛行機代タダで海外旅行に行きたいと思ってます!

こちらの記事もあわせてどうぞ

スポンサーリンク