初めての子連れベトナム旅行はダナンとホイアンへ!英語通じる?治安は?街とビーチの様子・食事の注意点など

ベトナム・ダナンのミーケビーチ

2017年11月に家族で初めてベトナム旅行に行きました!

宿泊したのは中部最大の都市ダナンで、日帰りで世界遺産の街ホイアンも訪問。

この記事ではベトナム人の印象・英語は通じるか・治安・街とビーチの様子・食事の注意点など、全体的に感じたことをまとめました。

あくまでも今回の3泊5日の旅での印象や気になったことなので、ベトナム全体を表すものではもちろんないと思いますが…

とはいえ、旅行で行く場合の滞在日数って多かれ少なかれそんなもんですし、ベトナムに初めて行く日本人の多くが同じように感じるのではないかと。

ベトナム、特にダナン・ホイアンに行く前の事前情報として参考にしてみてください♪

ちなみに私個人としても、ベトナムは今回が初めてでした(東南アジアはシンガポール、タイ、マレーシア渡航歴あり)

スポンサーリンク

英語はあまり通じない

「ベトナムで英語」というイメージがあまりないかと思いますが、やはりその通りでした。

まず宿泊したホテルのスタッフでさえ、英語があまり通じてないかな…?というシチュエーションが多かったです。

「簡単な単語+ジェスチャー」でなんとか伝わるような感じ。

普通にヅラヅラっと英語でしゃべってしまうと、理解できないようでした。

幸い、欧米人のスタッフがいてその方に最初案内していただいたこともあり、困ったら彼女を捕まえて話すようにしていました!

また、日本人のスタッフもいたため、予約内容について聞きたいことがあったときは彼に助けてもらいました。

※我が家が宿泊したのは「Furama Resort Danang」という老舗リゾートホテルです

ベトナム・ダナンの街

ダナンの街中にあった、お花屋さんが立ち並ぶ通り

そして街中ですが、ダナンで入った食堂もカフェも英語は通じず

カフェに関して言えば、スーベニアショップ併設で明らかに観光客の来店が多いはずなのに、全く理解してもらえずビックリしました!

たまたまオーダーを聞きに来た女性がダメだっただけかもしれないですが、「まだ注文決めてないからちょっと待って」と言っているのに全く理解してもらえなかった…

ずっとその場で待たれるという…

ただ、ホイアンにあるカフェでは問題なく英語で会話ができました

街自体が世界遺産ということもあって、観光客がかなり多く訪れるからかもしれませんね!

とまぁコミュニケーションにはちょっと困ることもありましたが、そもそもこちらもベトナム語を全く勉強せずに旅行しているわけなので…

「英語は万国共通だろ!」なんて言うつもりはありません!

そして日本だって正直、状況は大して変わらないのではないでしょうか?

ベトナム人はちょっとシャイ?でも優しい人が多かった

そんな感じで、現地の方とコミュニケーションは成立したりしなかったりでしたが、全体的な印象としては親切で優しい人が多いなと思いました。

欧米系のノリノリな調子の良さではなく、ちょっと照れつつも笑顔で対応してくれる感じ。

感情をあまり大きく表さないのは、日本人に通じるものがあるのかしら?

ホテルにいるライフガードの男性の1人がとってもフレンドリーで、いつもニコニコしていて話しかけてくれました♪

あと、レストランのレセプションの女性もいつもとびっきりの笑顔でしたよ!

まぁこの辺は個人個人での差はあると思いますが、旅行客にとってはそのとき接した人がその国の印象を作るので、接客業の方は責任重大だな〜と思いました。

観光客は圧倒的に中国人・韓国人が多い

どうやらベトナム観光客の割合は、中国人・韓国人・日本人がダントツで多いそうです!

そしておそらく我が家が行った11月半ばは、日本では全く旅行シーズンではないため、日本人は比較的少なかったのではないかと…

土日になると少し増えてきましたけどね。

というわけで、どこに行っても中国人や韓国人だらけ!

面白いのが、彼らはとにかく「写真命!」なんですよね。

そういえば1999年に北京に行ったときもそうだったのですが、観光地や撮影スポットでのポージングの徹底ぶりがすごい!

モデル気取り(笑)

そして自分のパートナーや家族、友人に写真をとにかくたくさん撮らせる!

「あの… 撮影会はいつまで続くんでしょうか…?」という感じに、エンドレスにやってます…

日本人は彼らにはかなわないです!

あとは、なぜか観光地のお店によくバナナやパイナップル柄のシャツ&ショートパンツなどが売られていたのですが…

それらを上下セットで躊躇なく着ていたのも韓国人の方だったりしました(笑)

センスが独特です…

ダナンの海はそこそこきれい

ベトナム・ダナンのミーケビーチ

ダナンはリゾートエリアとして最近人気急上昇中の都市!

我が家もそれが主目的で行きましたが、白砂のビーチはとってもきれいでした♪

しかも何キロにも渡ってビーチが続いていて、ずっと歩くことができるのもいいな〜と思いました。

また、11月半ばと微妙な時期だったからか観光客が少なく、時間によってはビーチが貸切状態のことも度々ありましたよ♪

(ただし雨季なので、タイミングが悪いと大荒れだったりします…)

ちなみに、見出しに「そこそこきれい」という微妙な書き方をしましたが…

海の色自体は、「エメラルドグリーンでお魚が見える〜♪」というほどではなかったかな。

これも季節によって変わるかもしれません。

ホイアンにもビーチがあり、リゾートホテルがたくさんあります。そちらには行けませんでしたが、おそらくダナンと同じような感じではないかと思います!(距離もさほど離れていないので)

治安がよく、ぼったくり・しつこい勧誘にも会わず

ベトナム・ダナンの街中

ダナンの街中はいかにも東南アジアらしい雰囲気!

今回、ベトナムのダナン空港に到着してからタクシーに乗ったり、ホテルで過ごしたり、ホイアンやダナンの街中で過ごしたりしましたが…

治安面で「こわい!」と感じたことは一度もありませんでした

観光地に行くと、「この路地裏に入ったらなんとなく危なそう…」と感じるような道ってわりとあったりしますよね?

でもそういう雰囲気の場所には幸い遭遇しませんでした。

また、タクシーに乗るときにぼったくられなかった(と思う)し、騙されたかも??と感じたことはなかったです。

観光地でしつこく勧誘してくるような人もいなかったですね。

全体的に押し付けがましくない・控えめなのかな?

中国やキューバに行ったときのほうがその辺りは激しかった…

とにかく交通事情がヤバいので気をつけて

ベトナム・ダナンの街中

ダナンの街中

ベトナムと行ったら思い浮かぶのは、バイクがワーッと走っている様子じゃないでしょうか??

ダナンもホイアンも本当にそのイメージ通りでした(笑)

でもあれを実際に目の当たりにすると、本当に恐怖です!!

とにかく信号がない道が多いんですよ!

そんな中、バイクも車もバスもめちゃくちゃな走り方をして、クラクションを鳴らすのは当たり前。

街中はもうひたすらクラクション音でうるさく、排気ガスもひどい

もちろん現地の方はマスクをしています。

ベトナム・ダナンの街中

ダナンの大通り

そんな様子が日本に暮らす私からはものすごく無秩序なように見えるのですが、おそらくあれはあれでベトナムの方にとっては「秩序」なのだと思います(笑)

クラクションも、日本での使い方とはちがって「ここにいるから気を付けてね」という合図なのかな??

だからみんな躊躇なくブッブーと鳴らしまくっているわけです。

それによって、事故を防げているのでしょうね…

ベトナム・ダナンの街中

一応クラクションを鳴らしてはいけない時間帯があるようだけど…

でも旅行客がそんな道を渡ろうと思ったら、まぁ大変です!

信号がない道だと切れ目がなかなかないから、永遠に渡れない…

しかもこちらは子連れなので、なかなかエイヤッと行くわけにもいかず、命がけでしたよ(笑)

ちなみに、一台のバイクに「家族4人」乗っていたり、「家族3人+足元に犬2匹」といったパターンも見かけました!!

実際ベトナムでは家族3人までは合法のようです…

日本じゃ考えられない!

下水くさかったり、全体的にあまりきれいではない

残念ながらリゾートホテル内はともかく、一歩外に出るとまあまあ汚いです。

ダナンはここ最近リゾート地として人気とはいえ、インフラ整備はまだまだの様子(ベトナム在住の友人も言っていました)。

水に関して言えば、ホテルのお手洗いや外に設置されているシャワーからでさえも、ちょっと下水のにおいがすることも…

ホイアンの街中に流れる川からもにおいがプンプン漂ってきたし、色も淀んでいます。

ベトナム・ホイアンの日本橋

ホイアンで有名な「来遠橋(日本橋)」

とにかく衛生状態はすばらしいとは言えなかったベトナム。

急に開発を進めるとどうしてもこうなってしまうのは、どこの国も同じですよね。

きっとあと数年したら、全体的にもっとクリーンな場所になるのではないでしょうか??

食べ物には要注意!お腹壊すかも…

そんなわけで、当然問題となるのが食べ物

はい、これやってしまいましたよ…

私は3日目からお腹を下し始め、夫は4日目に完全にダウン。

上から下から大変なことになっていました(><)

春に行ったキューバ・メキシコで何も問題なかったこともあって、今回のベトナムではそこまで神経質になっていなかったんです。

もちろんお水はミネラルウォーターを飲んでいましたが、生野菜にまでは意識が回らなかった…

ベトナム・ダナンで食べたミークアン?

ダナンで食べた「ブンチャーカー」に添えられた生野菜か…??

原因は確かではないけど、生野菜って水で洗ってそのまま食べるから、やはり火を通した野菜と比べたらリスクは高まるわけです。

で、ベトナムってフォーなどを頼むと一緒に生野菜がドーンと出てくるんですよ。

そういうのが原因の一つだった可能性はあるかな…

夫の場合、どうも3日目の夜にホテル近くで入ったレストランの料理が直接の原因になったようです。

肉がウリのお店だったんだけど、韓国人が多いからなのか、お通しにキムチが出たんですよね。

それが怪しい…

そのあと「ずっとキムチの味が上がってくる感じがする」って言ってましたからね…

ダナンのレストラン

このお店、接客がよかったしお肉はおいしかったんだけどね…

4日目は夜遅くのフライトで出発だったので、観光に出かけるのも疲れるだろうし、もともとホテルでゆっくりするつもりだったんです。

さらには、その日朝から嵐のようで風がすごかったこともあり、まぁまぁ結果オーライでしたが…

夫はほぼ丸一日ずっと、ホテルのソファで寝てるかトイレにいるかでした(><)

おかげで、ベトナムの印象は相当悪くなってしまったよう…

まとめ

最後にとんでもない話で終わらせてしまいましたが(笑)

「東南アジアはお水に要注意!」というのは昔から言われていることですよね…

皆さんはぜひ十分気を付けてください!

ダナンとホイアンそれぞれの街の感想や観光スポット紹介は、また追って別の記事に書きますが…

今回個人的には2005年に行ったマレーシア以来、なんと12年ぶりの東南アジアだったんですね。

相変わらず活気がすごいと思いました!

けたたましいバイクのクラクション音に雑然とした街、そんなカオスっぷりも楽しんでなんぼでは??

飛行機から見たベトナム・ダナン

機内から見たダナンの様子

また、ビーチ沿いには様々なリゾートホテルが並んでいます。

なので街中に一切行かずに、ひたすらリゾートホテルステイを楽しむという手もありますね!

目的や好みに合わせて、ベトナムのダナンを楽しんでください♪

あくまでも我が家の体験に基づく内容です。治安や安全面に関してはケースバイケースですので、用心するに越したことはないですし、食事も人それぞれ。この記事は参考程度に、旅行は自己判断でお願いします

【2017年11月★ベトナム・ダナン家族旅行記】
旅の概要と旅行記一覧、総まとめ記事はこちらをクリック ↓
(現在執筆中です。完成までお待ちください!)
ベトナム・ダナン旅行バナー

スポンサーリンク