アエロメヒコ航空でメキシコシティからハバナ・ホセマルティ国際空港へ!深夜なのに両替所(カデカ)は行列…

ハバナのホセ・マルティ国際空港

2017年のゴールデンウィーク周辺に子連れ旅行でキューバ&メキシコに行ってきました!

無事に成田からメキシコシティに移動し、空港内で長時間過ごし(アエロメヒコ航空で成田からメキシコシティ国際空港へ!+キューバ・ハバナまでの乗り継ぎ5時間の過ごし方)、ようやくキューバのハバナに向かいます!

これがまたどこも混雑していて、一筋縄では行かないのですよ…

 

メキシコシティからホセ・マルティ国際空港まで約2時間半のフライト

便名:AM453
時間:メキシコシティ 18:35 → ハバナ 22:15(現地時間)
※2017年4月の時間になります

メキシコシティからホセ・マルティ国際空港へ

 

成田からメキシコシティのフライトとはちがい、ずいぶん小さい飛行機になりました。

3席+3席のレーンで、一人一人にテレビがなかった!

動画見放題を満喫していた息子は大ショック(笑)

 

でもトータル約2時間40分だったし、その前の約13時間と比べたらあっという間!

機内食は着陸の少し前にクロワッサンサンドが出ただけでした。

アエロメヒコ航空の機内食

 

サンドは比較的美味しかったけど、その右隣にあるものが謎の甘さで悶絶でしたよ(><)

(そのさらに右はナッツ。度々このあとのフライトでも登場しました)

 

ハバナのホセ・マルティ国際空港に到着!

現地時間22時過ぎに無事ハバナの空港に着きました。

日本とは13時間の時差があるので、日本時間で言うと朝ってことですね!

飛行機の中で大して寝てなかったからヘロヘロ…

 

この人だかりは荷物の受取所。

なかなかスーツケースが出てこなくて、受けとれたのは23:00頃。

ハバナのホセ・マルティ国際空港

 

入国までの諸々の流れの中で、空港内で働くキューバ人をたくさん見られたわけですが。

他のトラベラーさんの旅行記で見ていた通り、女性がミニスカ&網タイツでした!!

さすがに写真を撮るのは控えましたけど(笑)

 

若くて細い子だけでなくて、けっこうな太さの女性までもがそうなんだからすごい!

そして脚を広げてドバーンと座ってるんだから…

でも日本みたいに女性の露出について過剰に敏感な国よりは、これくらいオープンなほうが女性として生きやすいなとも思ったけどね。

 

それと、職員たちがもう仕事上がりなのか不明ですが、やたらとダラダラ座ってしゃべってたり、男女でイチャイチャしてたり(笑)

これまた日本の空港では考えられない光景に、「あ〜、外国、それも社会主義国に来たのだなぁ(関係あるか…?)」と実感。

 

あともう一つ。

お手洗いに行こうと思ったら、便器の上蓋?座るところがなかった(><)

なのでホテルまで我慢することにしました…

 

こちらは入国ゲートを出たところ。

お迎えだかキャッチだか、現地の人がワイワイすごい!

ハバナのホセ・マルティ国際空港

 

両替所(カデカ)は行列…

さっさとホテルに向かいたいところですが、まずはカデカと呼ばれる両替所で両替しないといけません。

キューバではほとんどクレジットカードが使えないため、タクシーに乗ってホテルに行くためにはどうしてもキューバの「兌換ペソ(以下CUC)」が必要。

(ややこしいのだけど、キューバは現地人と外国人で通貨がちがい、基本的に私たちはこのCUCを使用)

 

幸いホセ・マルティ空港で日本円から両替できます。

両替所は外に出て左右両方にありました。

ハバナのホセ・マルティ国際空港

 

予想通り、長蛇の列…

事前にいろいろな方の旅行記をチェックしていて、皆さん口々に「両替所ですごい並ぶ」とおっしゃってましたが、もう深夜だというのにまだ本当に行列してましたよ(><)

 

そして両替所のそばでタバコをスパスパ吸う人たち。

吸い殻はそのままポイ。

うーむ、その辺の意識は低いのだなぁ…

 

結局30〜40分並んで、23:45頃ようやく両替完了しました。

ちなみにこのときは【日本円15,000円 → CUC$129.80(レートは115.5円=$1)】に両替。

 

タクシーでホテルへ。やっと寝られる!

カデカの目の前にタクシー乗り場があります。

タクシーの運転手がワイワイ集っていて、両替が済むとすかさず「タクシー?」と声をかけてくれます(笑)

ホテルを伝えて、金額を事前に聞いて出発です!

ハバナのホセ・マルティ国際空港

 

日本のようにタクシーはメーター制ではなく、基本的に事前に金額を提示されます。

ガイドブックには空港から新市街ないし旧市街まで大体20〜25CUCと書いてあったけど、私たちは30CUCでした(約3,500円)。

もしかしたら交渉の余地はあったのかしら…??

 

あれ?物価高くない?と思うかもしれませんが、キューバ現地の人々はもっと全体的に物価が安いです。

その代わり、観光客から取れるところでしっかりと取る方針なのですね〜。

タクシー代なんて日本と変わらないもんね!

 

新市街にある私たちのホテルまでは約20分。

ようやく着いた!!

ハバナ新市街の四つ星ホテル「H10 Habana Panorama」

 

ホテルのロビーでは、もう24時過ぎているというのにバーで飲んでいる人がいました。

ハバナ新市街の四つ星ホテル「H10 Habana Panorama」

 

チェックインはスムーズにできて、部屋に到着!

普通にきれいだし、やっと横になって寝られる〜!!

ハバナ新市街の四つ星ホテル「H10 Habana Panorama」

 

まともそうな4つ星ホテルにして本当によかったと思いました…

ホテル紹介は「【ホテル】ハバナで快適に過ごしたい方に!新市街の四つ星ホテル「H10 Habana Panorama」」へ!

 

まとめ:キューバは行くだけでヘトヘト!

移動だけですでに盛りだくさんな旅行の始まりでした^^

時差があるからよくわからなくなっちゃうけど、日本の自宅を朝出発してから実際24時間以上かかってるのかな??もはや計算できない(笑)

 

飛行機に乗るのが旅の目的ではないわけですから、うまく体を休めながら、そして現地に到着してからも無理のないスケジュールで動かないとダメですね。

そもそも【13時間のフライト → 5時間空港で過ごす → 2時間半のフライト】と聞いただけで、キューバに行くのはきついなと思う方も多いかも?

(それ以外にも入国や出国手続きなどに取られる時間もあるしね…)

 

はるばる行った甲斐はあったのか??次の旅行記からやっと!ハバナの様子をお伝えします♪

→「世界遺産・ハバナ旧市街を散策して観光スポット巡り!①カテドラル・国立美術館・大劇場・カピトリオ」へ

 

キューバ・メキシコ旅行バナー
キューバのハバナとメキシコのカンクンへ
2017年GW・7泊10日の旅
旅の概要と旅行記一覧、総まとめ記事はこちら!

 

About Romy

海とカフェと旅好きブロガー。夫と小学3年生の息子と鎌倉で暮らしています。小学校時代をニューヨーク郊外で過ごした帰国子女。高校生の頃世界史にハマって以来、世界中の美しい街並みや建築、絶景などの写真を眺めるのが大好きに!これまで海外18ヶ国を訪問。このブログでは、家族旅行記を始め、旅のお得情報など、子連れで楽しむ海外旅行について発信しています!